歴史でみる竹富町 history

竹富島の種子取祭

島では、種子取祭を「たなどぅい」とよんでいる。
種子取祭は種蒔きの神事儀礼のまつりである。
播種した種子がうち揃って発芽し、無事に成長し豊穣な世を授けてくださるよう、島の守り神に祈願するまつりである。
その祈願の祝詞は、玻座真村、中筋村の奉納芸能である例の狂言、「かじゃー」「ゆっきくーし」「たにまい」「ゆうひき」「あうじ」「あまんち」などの狂言の台詞の中に表現されている。
また、世乞いの道歌。
庭歌(巻き歌・シキドーヨー)、座敷歌(稲が種子アヨー・根うりユンタ)でも豊作、村の繁栄などの祈願の歌が歌われる。
種子取祭は、新暦の十月、十一月中にまわりくる干支の(甲申〜壬辰)の日までの九日間行われる。
初日日の甲申の日は、ホンジャー(芸能を司る長者)宅に集まり、トルッキと称する儀式を行い、種子取祭の奉納芸能の練習が開始される。
二〜四日目は、奉納芸能の練習、五日目の戊子は種を蒔き、イイヤチ(粟と糯米と小豆を混ぜた種子取祭用の料理)を作る。
神司は種子取祭をとり行う世持御嶽で種子取祭の祈願をする。
六日〜八日目が奉納芸能、世乞いが行われ、九日目の壬辰の日は後片付け、種子取祭の決算をなし九日間の種子取祭は終る。
種子取祭は、石垣、沖縄、本土在住の郷友の皆さん、観光客がたくさん集まり、島の人口の五〜六倍もふくれあがる盛況さである。
竹富島の種子取祭は、1977年国の重要無形民族文化財として指定された。

竹富島の種子取祭1

根原家の神前でイバン(九年母の若芽)を白ハチマキで結び、ユークイの祈願をする
1987(昭和62)年10月

竹富島の種子取祭2

根原家から神司(カンツカサ)を先頭に世持御嶽に向かう。神司は左から内盛政子さん、新苗さん、登野原ミツさん
1987(昭和62)年10月

竹富島の種子取祭3

村の長老に扮する四人衆
1999(平成11)年10月

竹富島の種子取祭4

さあ出番だ。ホラ貝を吹く高嶺方祐さん
1994(平成6)年10月

竹富島の種子取祭5

庭の奉納芸能で小太鼓を打つ島の長老の左から亀井保文さん、高那石吉さん、大浜太呂さんたち
1987(昭和62)年10月

竹富島の種子取祭6

「曽我兄弟」を演ずる高嶺方祐さんと前新伸二郎さん
1993(平成5)年11月

竹富島の種子取祭7

舞台芸能を観賞する村のお年寄り
1987(昭和62)年10月

竹富島の種子取祭8

舞台芸能を観賞する村のお年寄り
1987(昭和62)年10月

竹富島の種子取祭9

「世乞い」のアヨー、ユンタを謡う人たち
1987(昭和62)年10月

竹富島の種子取祭10

「トルッキ」、練習を見守り指導助言する顧問の皆さん
1993(平成5)年11月
出典:「ふるさとへの想い 竹富島 前原基男 写真集」(C)前原基男
注意事項
「歴史でみる竹富町〜history〜」の掲載写真及び文章等の著作権は撮影者並びに作者(提供者)に帰属します。
無断転載・複写・使用を固く禁じます。